カサゴの釣り方@播州地方

ねふさん
ねふさん

本ページでは、根魚の代表格「カサゴ」の生態や釣り方、播州地方での実釣果を紹介します!

どんな魚?

  • 名前 カサゴ(アラカブ、ガシラ、ホゴ)
  • 分類 カサゴ目フサカサゴ科
  • 全長 10〜25㎝(最大30㎝)
  • 分布 日本各地。沿岸の岩礁帯に生息。砂地にはいない。
  • 食べ方 とても美味しい魚で、刺身やみそ汁、煮付けや唐揚げなど様々な食べ方ができる。また、一年を通して美味。

いつ釣れるの?

・釣れる時期 四季に関係なく釣れるが、春から初夏にかけてが最盛期。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

・釣れる時間帯 基本的に一日中釣れる。昼間は岩陰の底でじっとしているので、カサゴがいる場所をピンポイントに探る必要がある(同じポイントで待っていても釣れないので足を動かしましょう)。夜のほうが積極的にエサを探して動き回るので、底だけでなく中層でも釣果が期待できる。

・潮 あまり関係ない。

どこで釣れるの?

・釣れるポイント 堤防周りの波消ブロックの隙間、磯の岩陰がポイント。一匹釣れると立て続けに釣れることも珍しくないため、どの釣り場のどの穴で釣れたのかを覚えておけば、次回以降も安定した釣果が期待できます。

ねふさん
ねふさん

子供に釣らせてやりたい時は、事前にポイントを探っておくと安心できそうですねw

・播州地方での釣りポイント ほぼすべての釣り場で釣れます。※詳しくは「播州の釣り場情報」をご参照下さい

・注意点 波消ブロックの隙間を狙う際は、足場が悪いことも多く、大変危険です。小さなお子様連れの際は、目を離さず細心の注意を払いましょう。

どうやって釣るの?

・釣り方 落とし込み釣り

カサゴは目の前の小さな魚や甲殻類の動きに敏感に反応し、どん欲に襲いかかってくる習性があります。その習性を利用し、カサゴのいる場所にエサを落とし込んでバイトを誘いましょう。

根掛かり対策 生息域の関係上、根掛かりは避けては通れません。着底後に仕掛けを放置すると、波に流され岩礁にブラクリや針が掛かってしまうので、随時竿を動かす様心がけましょう。もし根掛かりしてしまったら、まずは竿を適度に引いてあおった後に、一気にテンションをゆるめてゼロにします。この反動でブラクリや針が外れることが多いので試す価値ありです。※あおる際は竿が破損しない様に注意しましょう。

ねふさん
ねふさん

私も過去に無茶なあおり方をして、二万円の竿が継ぎ目からポッキリ折れてしまった経験があります・・・それ以来根掛かりにビビッてます^^;

どんな道具がいるの?

・竿 1.8~2.1mのルアーロッド

・リール 小型スピニングリール

・ライン ミチ糸:ナイロン3~5号

・オモリ 2~3号の中通し

・ハリス フロロカーボン1.5号~2号を10cm~20cm

・ハリ マルセイゴ10~12号

・エサ 

 アオイソメ

 サバ・サンマの切り身(幅1㎝、長さ3〜4㎝に切ってチョン掛け)

 オキアミ

 ※海釣りで使われるエサは大体使用できる

播州地方の釣果情報

2022.3.13 室津港 落とし込み釣り

コメント

タイトルとURLをコピーしました